決裁をスムーズにする為にワークフローの見直し

最近多くの企業では、ワークフローの見直しを行っています。
その主な理由はスピードです。
会社では売り上げ数字を追求していますから、スピーディーに業務や手続きを完了する必要があります。
しかしワークフローによっては、その手続きに時間がかかってしまう事もあります。
一例は紙媒体での手続きです。
何らかのプロジェクトを遂行する時には、複数者の決裁が必要な事もあります。
しかし紙媒体ですと、決裁を取るのに時間がかかってしまう事も多いです。
上司の許可を取るにしても、まずは上司を見つけなければなりません。
広い会社ですと、上司を見つけるのも一苦労です。
しかしワークフローを見直ししてみると、その決裁手続きもスムーズになる傾向があります。
紙媒体でなく電子媒体で業務を行えば、スムーズに決裁を取れる事もあります。
それで業務完了がスピーディーになれば、会社の売上数字が良くなる事も多いです。
ですから最近では、多くの企業ではフローの見直しを行っています。